イメージを 見る・つくる

叶えるウェディングストーリー事例MOREWEDDING想いが通い合う時間

事例紹介

only our wedding story

想いが通い合う時間

2017.11.02

先日お手伝いさせて頂いたお客様は、ハワイ挙式後 ご友人、職場の同僚・ご上司、ご家族・ご親族・・・

大切な人を皆様お招きした披露宴となりました。

 

人生で一度の日、大切な人たちが全員集まる時間

結婚式の良さの一つですね。

 

当日は、受付でお配りしたストーリー新聞を読んで頂きながらゲストにお過ごし頂きました。

 

お二人のエピソードをより深く知れるからこそ、お二人のご入場が待ち遠しくなりますね。

さて、そんなお二人のご入場。

少し緊張された様子のお二人。

そんな緊張さえ、この日この瞬間のもの!と思えば、大切な瞬間に感じます。

 

ゲストとお写真をお撮ったり、お話したり・・・緊張がほぐれていくにつれて、パーティーも進んでまいります。

ここでお二人ご中座です。

エスコート役は・・・

 

それぞれのお母様。お母様、少し恥ずかしそうにされながらも、とっても嬉しそうですね。

小さいころは毎日繋いでいた手も、こんなに大きくなったものかと感じる瞬間ではないでしょうか。

 

さて、装いを新たにされた再入場されたお二人をお迎えし、パーティーにもエンジンがかかってきたところで・・・

大学時代の新郎ダンスサークル仲間の皆様からのShowTimeでお楽しみいただきましょう!

 

当日はキレッキレのダンスで会場内も大盛り上がり!

動画を撮るゲストがたくさんいらっしゃいました!

ただ、それだけでは終わらないんです・・・

 

新郎様も新婦様にはサプライズでご登場!!

ゲストからは「やるな~!!」と歓声も沸いていました。

ShowTimeのエンドは・・・

打ち合わせの際から、「青色の花束を渡したい」と新婦様のイメージに合わせて考えていらっしゃいました。

サプライズは、もらうプレゼントはもちろん、考えてくれていた時間が嬉しいですね。

 

そしてご友人からお二人へは名前入りのユニフォームのプレゼントもございました。

 

このパーティーでは、ご友人から新郎新婦様へ素敵な余興の時間とプレゼントでお祝いをしたい気持ち、

そして新郎新婦様からはゲストへは、おもてなしをしたい、楽しんでほしい、という気持ち、

そして・・・

これまで育ててくださったご両親への感謝の気持ち

様々な気持ちが通い合う時間でした。

 

結婚するまでご実家を出たことがなかった新郎新婦様。

同棲することが決まり、親御様の元を離れて、きっと

これまでどれほどの愛情をもらっていたのか感じることもあったはず。

 

これまでの感謝を込めて親御様に花束と体重米をお贈りしました。

どんな言葉を交わしたのでしょう。

どんな言葉よりも流した涙とこらえた涙、幸せそうな笑顔が、想いが通ったことを表しているように感じます。

 

届けたかった想いはきっと感謝だけではないでしょうが、親御様にはきっと届いていると思います。

 

一生に一度、大切なゲストとの心に残る時間

その後二次会もお手伝いをさせて頂き、お二人とは一日を通してご一緒させて頂きました。

私にとってもこの上ないほど、幸せな一日となりました。

本当に、ありがとうございました。

 

またどこかでお会いできますように。

末永くお幸せに!

 

@The PARK BANQUET

名古屋サロン 島谷 佳央梨

想いが通い合う時間