イメージを 見る・つくる

叶えるウェディングストーリーブログスタッフブログ今さら聞けない1.5次会のメリット!人気の理由は?

おすすめブログ

special party blog

今さら聞けない1.5次会のメリット!人気の理由は?

2017.03.28

1.5次会とは、披露宴と二次会の間くらいの規模・雰囲気の結婚披露パーティのこと。

特に海外や国内のリゾート地で結婚式(いわゆるリゾ婚)を挙げたカップルが、ゲストにお披露目&感謝の気持ちを伝えるために開くケースが増えています。

手をつなぐ花嫁と花婿

最大の特徴は「自由度の高さ」。
まだまだ一般的とは言えませんが、「堅苦しい披露宴は苦手」「自分たちらしいパーティにしたい」という新郎新婦の選択肢のひとつとして、徐々に知名度を広げつつあります。

人気上昇中の1.5次会。
注目され、選ばれる理由を改めてご紹介します!

<決まった形式のない自由なパーティ>

前述した通り、1.5次会の最大の特徴は「自由」なこと。
通常の披露宴とは違い、決まった形式はないので、自分たちだけのオリジナルのウエディングパーティを企画することができます。

笑顔でカメラを見る新郎新婦

・披露宴よりも盛り上がる演出ができる

決まった形式のある披露宴では、あまり盛り上がりすぎる演出はできません。
悪く言えば堅苦しいのが披露宴…。例えば盛り上がる音楽をかけたり、思わず声をあげてしまうような余興を取り入れたい、落ち着いた雰囲気より楽しさを選ぶなら、1.5次会がベストです。

・二次会よりもキチンとしたパーティができる

自由度が高いという点では、二次会も似たようなもの。
ただし、二次会ほどラフなパーティではなく、披露宴寄りのパーティにしたいですよね。
立食ではなく着席スタイルのコース料理を選ぶことで、二次会よりもキチンとしたパーティを作ることができます。

披露宴

<披露宴よりもコストダウン!ゲストの負担減も>

・会場や料理の選択でコストダウン

格式高い披露宴では選べない、カジュアルなレストランやパーティ会場を選択肢に含めることができます。
会場費や装花にかかる費用を抑えたい、余興や演出に回したい、といった希望をかなえることが可能になるでしょう。

ガーリーなウェディングパーティ

・祝儀制ではなく会費制にできる

ゲストは、貴重な休日に時間を割き、交通費をかけて参加してくれます。その他、衣装代、女性であればヘアセット代など、出費がかさんでしまうもの…。
祝儀制ではなく会費制にすることで、「ゲストの金銭的負担を軽くしたい」と考える新郎新婦が増えているようです。
「祝儀にいくら包めばいいの?」といったゲストの悩みもなくなりますね。

会費制にすることで、主催する新郎新婦側の負担が少ないのもメリットですね。
披露宴だと、ゲストの祝儀があるとはいえ自分たちの持ち出しもそれなりの金額に…。
1.5次会を会費制にして、会場費や料理などの費用を会費でまかなうことができます。

祝儀袋

自由なスタイルで、自分たちらしいアイデアを盛り込めると人気が高まっている1.5次会。
自己負担やゲストの負担を抑えることもできるとあって、あまりコストをかけられないけどウエディングパーティはしたいというカップルにも支持されています。

事情があって結婚式は諦めようかな、と思っている方でも、1.5次会ならかなえられるかもしれません。
ぜひ検討してみてください。

今さら聞けない1.5次会のメリット!人気の理由は?