イメージを 見る・つくる

叶えるウェディングストーリーブログスタッフブログ1.5次会でもブーケトスがしたい!演出のコツと注意点

おすすめブログ

special party blog

1.5次会でもブーケトスがしたい!演出のコツと注意点

2016.12.08

挙式後や披露宴に行われるブーケトスは、日本でもよく取り入れられている演出のひとつですね。
元々は欧米の風習で、結婚式を終えた新婦が未婚の女性に向けて投げ、受け取った女性は次に結婚することができると言われています。

例えば近い親族だけで挙式をするので、ブーケトスの機会はないかな、と諦めている方もいるかもしれません。
もし、友人を招いた披露パーティ(1.5次会)の開催を検討しているのでしたら、ぜひブーケトスの演出も計画してみませんか?

実際に1.5次会でブーケトスを行う場合に、気をつけることや演出のアイデアをご紹介します。

 

<ゲストへの配慮>

対象は「未婚の女性」ですので、ブーケトスに参加するのをためらうゲストもいます。
また「ブーケを受け取ると次に結婚できる」と言われていることは、今では一般常識になりつつあります。ブーケトスに参加する=結婚したい、と思われることを嫌がる女性もいるでしょう。

ブーケトス

ブーケトスを行う際は、女性ゲストが参加しやすいよう配慮が必要です。

例えば、未婚の女性に限らず、女性全員が参加できるようにしたり、子どもも対象にすることで、より気軽に加わることができるかもしれません。

<ブーケを投げる時の注意点>

ブーケトスをする女性

後ろ向きに投げるため、あまり強く投げると見当違いの所に飛ばしてしまったり、壊してしまう可能性があります。
新婦が軽く投げられるブーケを用意することと、ゲストにはなるべく新婦の近くに寄ってもらえるようお願いしましょう。

受け取る際に、ゲストが傷つく可能性のあるものはできるだけブーケへの使用を避けたいですね。布でつくったブーケや、ブーケの代わりに「ぬいぐるみトス」などもオススメです。

<屋内でも気軽に!ブーケプルズ>

新婦の持つブーケから伸びる複数のリボンを、未婚女性が一斉に引くと、その内の1本だけがつながっているというもの。いわゆる「くじ引き」みたいなものですね。
こちらも欧米では「引き当てると次に結婚できる」と言われており、日本でも披露宴や二次会などで取り入れる新郎新婦が増えています。

ベールガール

メリットは、屋内でも取り入れやすく、スペースもとらないので落ち着いて行うことができる点です。
また、投げた際に壊れることを考慮しなくてもいいので、ブーケトス用のものより自由度の高いブーケを用意することができます。

<ブーケ以外に投げるとしたら>

最近では、パーティの盛り上がりを狙ってブーケ以外のものを投げることが増えているようです。

・もはや定番?ブロッコリートス

新婦が未婚女性に投げるブーケトスに対して、新郎が未婚男性に投げるのが「ブロッコリー」。ブーケトスとは違い、欧米発の演出ではないようです。
小さなつぼみが花束のように見えることから、ブロッコリーが選ばれたのだとか?

・飾り付けの自由度高し!キャンディーブーケ

棒付きのキャンディー1本1本を花に見立てて、ブーケのように飾り付けたもの。自分たちで飾り付けを工夫して作り上げることも可能ですし、最近では販売しているところも増えています。
キャンディーだけでなく、新郎新婦が好きなお菓子を詰め込んだ「お菓子ブーケ」も楽しいですね。

カラフルなお菓子

・ぬいぐるみや思い出の品も?

投げることができるものに限られますが、新郎新婦の共通の趣味を反映したものを使うのはいかがでしょうか。
例えば、応援しているサッカーや野球チームや、よく訪れるテーマパークのマスコットキャラクターなど、ぬいぐるみを選ぶ人は多いようです。
小ぶりなブーケにプラスしたり、旅行券や宝くじを持たせるなど、アレンジを加えて「らしさ」を演出してみるのもいいですね。

 

NOVICでは、経験豊富なプランナーがおふたりをお待ちしております。

多種多様な結婚式の形をご提案させていただきます。

 

詳しくは、「ウェディングプランナー監修のSPECIAL eBOOK」をご覧ください。

皆様のご連絡・ご来店を、心よりお待ちしております。

 

1.5次会でもブーケトスがしたい!演出のコツと注意点