イメージを 見る・つくる

叶えるウェディングストーリーブログスタッフブログ焦らないで!1.5次会の会場選び失敗談ベスト3

おすすめブログ

special party blog

焦らないで!1.5次会の会場選び失敗談ベスト3

2016.06.29

1.5次会の会場選び、失敗したくないですよね。結婚式や二次会も同じですが、会場が決まらなければゲストもパーティ内容も決めることはできません。「失敗したくない、でも早く決めないと」という焦りから、あまり検討できないまま会場を選び、あとから公開するカップルが少なくありません。

<失敗談1:料金は安かったが、料理の内容が散々…>

安い料金につられて、内容を二の次にしてしまったため、あまり満足のいくパーティにならなかったケース。「ウェルカムドリンクをアルコールに変更するのも、コース料理のデザートを変更するのもオプションで別料金がかかる」など、安さのカラクリを後になって知ったそうです。

紙幣

最近では「持ち出し金ゼロ」「ゲストの会費だけで開催できる」などといった、安さをウリにしている会場や業者が急増しています。安いプランすべてが悪いわけではありませんが、低料金と引換えに妥協しまくったパーティにならないよう、プラン内容はきちんと確認しておきたいですね。

<失敗談2:会場の契約プロデュース会社が複数いた!別の会社に乗り換えたい…>

二次会やパーティ利用の多い会場であれば、会場と契約しているプロデュース会社が存在することがあります。その場合、新郎新婦・会場・プランナーの3者で、料理や演出などの準備をしていくことになりますね。

相談、面接風景

会社ごとに、もちろん提案内容やサービスは異なります。複数のプロデュース会社を選べることがわかったら、サービスやオプションの比較を忘れずに。「こっちの会社のサービス内容の方が充実している。変更したいけどキャンセル料が…」と、悔やむことになるかもしれません。

<失敗談3:最寄り駅から遠い!ゲストの不満続出…>

招待するゲストに、特別な日を過ごしてもらいたい。そんな想いで選んだはずの会場が、ゲストの負担になってしまうことがあります。「地元で1.5次会を開催。車で来るゲストが多いと予想したけど、思いのほか電車を使う人が多かった。送迎バスも用意していたけど、何度も往復することになって開始時間に遅れが…」と、青ざめるエピソードも。

頭を抱える女性

ゲストの行動を勝手に予想するのではなく、あらかじめアンケートをとるなどして人数を確認しておきましょう。お祝いの席なので、表立って不満を口にするようなゲストはいないと思いたいですが、パーティの間も気まずい雰囲気が続くのは避けたいですね。

<会場選びで失敗しないコツ>

会場選びに失敗する理由のほとんどは、「焦り」や「確認不足」が原因です。会場側に落ち度がない場合は、「やっぱりやめたい」と思ってもキャンセルできない(もしくはキャンセル料が必要な)場合がありますので、できるだけ契約前に不安を出し切って取り除いてしまいましょう。

1.5次会の会場選びのコツは、「どんな1.5次会にしたいか」をきちんと考えておくことだと思います。「和装が似合う会場がいい」「料理はフレンチのコース料理を提供して欲しい」「派手な演出で盛り上がりたい」など、思い描いた1.5次会の様子を「実現できる会場」を探してみましょう。

ノートパソコンを見るカップル

合わせて、望みの優先順位や、妥協する点を整理することもお忘れなく。望みを詰め込めば詰め込むほど、料金も上がっていきますので、すぐに予算オーバーしてしまいます。あらかじめ優先順位を決めておくことで、会場側との打ち合わせを進める中で予算が気になっても「料理のグレードは落としたくないから、余興の予算をすこし減らそう」などの判断がしやすくなります。

会場選びは、時間がないからといって焦らず、最高の1.5次会を思い描いて慎重に進めていきましょう!

 

NOVICでは、経験豊富なプランナーがおふたりをお待ちしております。

多種多様な結婚式の形をご提案させていただきます。

 

詳しくは、「ウェディングプランナー監修のSPECIAL eBOOK」をご覧ください。

皆様のご連絡・ご来店を、心よりお待ちしております。

 

焦らないで!1.5次会の会場選び失敗談ベスト3