イメージを 見る・つくる

叶えるウェディングストーリーブログスタッフブログ1.5次会で1万円は高い?会費の決め方

おすすめブログ

special party blog

1.5次会で1万円は高い?会費の決め方

2016.02.27

海外挙式のあと、国内で仲の良い友人を招待しての披露パーティを、となったとき、「ゲストの会費設定」に悩むケースが少なくありません。

とくに日本ではまだ、海外挙式と国内での披露パーティが一般的ではなく、過去の事例を調べにくいのと、身近に相談できる人がいないことがほとんどです。そのため、妥当な会費がわかりにくく、決めかねるという新郎新婦が多いようですね。

そして招待されたゲスト側としても、出席する1.5次会の会費が一般的な設定金額であるかどうか、判断しづらい面があります。

前述しましたが、1.5次会は海外挙式・リゾート婚のアフターパーティとして催されることが増えてきていますが、まだまだ一般的なものではありません。日本では今でも、結婚披露宴と二次会を計画することが多く、ゲストとして1.5次会に出席する機会はそう多くありません。そのため、1.5次会を「一般的な二次会と同じかな」と認識するゲストも多いようです。

そのとき、招待する側のイメージとして「会費制だけど披露宴のようなもの」という認識があると、ゲストとの考えの違いが浮き彫りになってしまうことがあります。

都市部の二次会会費の平均額は、女性が6000円、男性が7000円ほどだそうです。プラスマイナス1000円ぐらいの差はあるでしょうが、ゲスト自身の経験から「二次会といえば大体これくらい」という考えがあると思います。

例えば、ふだん結婚披露宴のために祝儀3万円を包む人の中に、二次会の会費3万円をポンと出せる人はどれくらいいるでしょうか。たとえ会場や料理や内容が同一のものだとしても、ふに落ちない人が大半を占めるでしょう。招待する側が「披露宴のようなもの」と考えて、実際に披露宴のような豪華な1.5次会を計画したとしても、「二次会のようなもの」という認識をしたゲストが金額に納得できるとは限りません。

せっかく豪華な1.5次会を計画しても、会費がネックになって出席してもらえないのではとても悲しいですね。どうすれば、金額面でゲストに納得してもらえるのでしょうか。

まずは、会費自体を二次会の平均額まで下げてみることを検討してみましょう。たとえば費用の高い演出を控えたり、引き出物をプチギフトに変えてみたり、予算を落としてもゲストに楽しんでもらう方法を考えてみてはどうでしょうか。

どうしても豪華な1.5次会にしたい、ゲストにも非日常を味わってもらいたい、そういう気持ちを優先するのであれば、その1.5次会の「価値」をゲストに伝わるようにしてみませんか?

例えば船を貸し切ってのクルージングパーティの場合、通常の会場費よりも高くなることが多く、ゲストの会費にも影響があるかもしれません。案内状にさらっと「船上パーティ」と記載するだけでなく、たとえば船内の写真を合わせたり、夜景がキレイに見えるエリアを走行します、など「この機会に体験してみたいな」と思わせる工夫をしてみることをオススメします。

1.5次会に対するイメージがまだ確立されていないからこその悩みではありますが、裏を返せば自由度の高いものでもあります。まだ数の多くない事例を探すばかりではなく、会費は高めでもゲストに納得して楽しんでもらえる方法を探してみましょう。

 

1.5次会で1万円は高い?会費の決め方