イメージを 見る・つくる

叶えるウェディングストーリーブログスタッフブログ8月の1.5次会メリットとデメリット

おすすめブログ

special party blog

8月の1.5次会メリットとデメリット

2016.02.23

明るく元気なイメージの8月は夏が好きな二人にはぴったりの季節です。夏真っ盛りの8月はブライダルのオフシーズン。この時期の結婚式や1.5次会はお得なプランが多いのもまた魅力です。噴水やプールなど水のある会場を選べば涼しげな演出も可能でしょう。注意したいのは8月15日前後のお盆時期。結婚式を挙げるには縁起が悪いとされています。またゲストに断られる可能性も高く、休業中の会場も少なくありません。しかし限られたゲストだけでゆったりとしたパーティーするなら貸切を狙えるこの時期がチャンスです。

8月の六輝(六曜)

2016年の8月の大安は2(火)、7(日)、13(土)、19(金)、25(木)、31(水)。大安の次に良いとされる友引は4(木)、10(水)、16(火)、22(月)、28(日)。六輝にこだわらないというカップルにおすすめなのは6(土)の仏滅。いつも以上にお得なプランが見つかるでしょう。

夏らしい演出アイデア

爽やかなカラーが映える季節です。幸せの色といわれる「サムシングブルー」をメインカラーにしてみるのも良いでしょう。また夏らしくマーメイドや貝殻など海をテーマにした飾り付けをもこの時期ぴったりですね。さらにビールがおいしい季節です!新郎がビールサーバーを担いで登場するビアガーデンのような演出をするのも良いでしょう。オリジナルのうちわを制作するのもいいかもしれませんね。二人の思い出のサマーソングをBGMにするのも素敵です!

8月のスピーチに使えるフレーズ

「ひまわりが太陽のようにさんさんと咲き誇る季節となりました」、「夏の太陽がまぶしい季節となりました」など元気で明るいイメージが使えますね!「今日は私たちの暑さで一段と厳しい暑さとなっています」さらに熱々の二人を盛り上げるフレーズもぴったりです!

8月に旬を迎える花

夏らしさを演出するなら「ヒマワリ」や「ハイビスカス」がおすすめです。「ユリの女王」とも呼ばれる「カサブランカ」や、カラフルな「トルコギキョウ」などもこの時期見頃を迎えます。「トルコギキョウ」は「優美」、「希望」、「思いやり」という花言葉を持っています。お祝いにぴったりですね。

8月に旬の食べ物

この時期旬の食材は「アワビ」、「イカ」、「ウニ」、「カジキマグロ」、「トマト」、「ナス」など。「スイカ」や「メロン」、「桃」、「マスカット」などフルーツも豊富です!かき氷やアイスクリームもこの時期美味しいですよね!

8月の暑さ対策

この時期一番の心配は暑さでしょう。なるべく駅から近いアクセスのしやすい会場を選ぶとよいでしょう。清涼感のあるウェルカムドリンクでおもてなしするのもいいかもしれません。デオドラントスプレーやおしぼり、あぶらとり紙などアメニティーグッズにもひと工夫したいですね。またパーティーの時間を夕方から夜に設定するのもおすすめです。

8月開催の1.5次会のまとめ

お祭り好きの二人にはぴったりのサマーウエディング。とにかく値段重視の格安でパーティーを開催したいといいうカップルにもおすすめです!楽しい思い出が詰まった夏にしたいですね。記憶に残る演出で8月のパーティーを楽しみましょう!

8月の1.5次会メリットとデメリット