イメージを 見る・つくる

叶えるウェディングストーリーブログスタッフブログ1.5次会で流したいムービーのネタ

おすすめブログ

special party blog

1.5次会で流したいムービーのネタ

2015.11.08

1.5次会の余興ではオリジナルのムービーを流すカップルも多いはず。自分たちで動画を用意する場合はWindowsの「ムービーメーカー」、Macであれば「iMovie」などパソコンに付属のソフトだけで意外と簡単につくれます。最近ではスマートフォンやタブレットを使って手軽に作ってしまう人もいるようです。動画作りが得意な友人にお願いしてみるのもいいかもしれません。

結婚式では二人の両親とのエピソードを盛り込んだ生い立ちをスライドショーにする事が多いでしょう。結婚式よりも少しカジュアルな1.5次会ではもう少し砕けた内容でも良いでしょう。新郎から新婦に向けての改めて公開プロポーズもいいかもしれません。二人のエピソードを再現してみたり、二人のストーリーを振り返る内容も楽しいでしょう。

結婚式を先に済ますのであれば結婚式の模様を流してみるのもいいでしょう。結婚式は親族のみの少ない参列者で挙げたという人も多いはず。1.5次会の参列者にもその様子を伝えられる写真や動画を編集しても楽しいですね。例えば遠近法を使って花嫁さんの手のひらに新郎が乗っかってるところや、ウエディングドレスとタキシードでジャンプしている姿などちょっと変わった面白い映像や写真を用意しておくといいでしょう。リゾート婚では普通の結婚式と違ってジェットコースターに乗ったり、砂浜にいくなど自由なプランもあるそう。リゾート婚ならではの楽しい様子を共有すれば盛り上がるでしょう。

友人も動画作りに参加してもらえるのであれば、友人たちのダンスをつなぎ合わせた動画も楽しいでしょう。AKB48「恋するフォーチュンクッキー」やファレル・ウィリアムス「Happy」などYouTubeにたくさんのオリジナル動画がアップされているので参考にするといいでしょう。動画と連動して招待客全員で踊るフラッシュモブのような演出も楽しいかもしれません。

有名TV番組のパロディームービーを作ってみるのもいいかもしれません。例えば「情熱大陸」や「トップランナー」、「テラスハウス」など。人気ドキュメント番組のように、新郎新婦のインタビューに番組と同じテーマ音楽を重ね合わせるとそれっぽい仕上がりを楽しめるでしょう。「仮面ライダー」や「スパイダーマン」「スーパーマリオ」などヒーロー映画のような寸劇で新郎が新婦を守るとストーリーも面白いかもしれませんね。

幼馴染や学生時代の友人がたくさん参加するパーティーであれば参加者も写っている昔の写真や動画も流すのも楽しいでしょう。野球部の試合や吹奏楽部の発表会などご両親が部活動の模様を映像に残しているかもしれません。VHSや8mmビデオなど再生する機械が手元にない場合、DVD化してくれる「ダビング屋」を利用してみるのもいいかもしれません。もう何年も前に撮ったきり再生することのなかった思いがけない映像が見つかるかもしれません。

新郎または新婦からのサプライズムービーも感動を呼ぶでしょう。例えば海外留学中で参加できなかった親友のコメント、出産前後でどうしても都合がつかなかった友人など。1.5次会の招待客を決める際に呼びたかったけれど来られない人の話を詳しく聞いておくといいかもしれません。学生時代の恩師など、招待客として呼びにくいけれどお世話になった人のコメントも嬉しいものです。

最後に、会場で流れるか機材チェックをお忘れなく。作った動画をDVDやUSB、SDカードなどの媒体に保存しておくのであれば、予備のデータも用意しておいたほうがいいでしょう。パソコンを持ち込むならケーブルやバッテリーなども確認しておきましょう。ぜひ自分たちらしい記念に残るムービーをみんなと楽しみましょう。

1.5次会で流したいムービーのネタ